2020-01-06
カテゴリトップ>スピーカー
ADAM AUDIO スタジオモニター『S5X-V』/1本
【代引き手数料無料♪】
【沖縄・北海道含む全国配送料無料♪】
ADAM AUDIO アダムオーディオ スタジオモニター X-ARTツイーター 音響機器 舞台照明
ADAM AUDIO(アダムオーディオ)
ADAM は“Advanced Dynamic Audio Monitors” の頭文字から引用されています。アダムはモニタースピーカーを専門にプロデュースすることを目標に発足し、今ではプロオーディオ界を席巻する勢いで拡大し続けています。独自のX-ART ツィーターは、次世代オーディオに対応可能な広帯域かつ位相特性に優れ、可聴帯域を越える50kHz までをフラットな位相特性でカバーします。

ADAM AUDIO(アダムオーディオ)スタジオモニター『S5X-V』/1本
一歩先を行くメインモニターを体感
X-ART技術とHexaConeウーファーの高機能性をさらに高レベルのSPLと重低域再生へと適用させたメインモニターのS5X-HとS5X-Vは、大型コントロールルームでの使用に適しており、壁面への埋め込みとフリースタンディングのどちらの方法でも設置することが可能です。使用されているダイアフラムの面積は他の機種に比べてさらに大型化されており、自然な音と幅広いダイナミクスが達成されています。

すべてのADAMメインモニターは、全音域にわたって最高音質を提供するためにX-ARTミッドレンジを搭載しています。
また、ソースに忠実な音楽再生を目指しているADAMは、多くのラウドスピーカーにありがちな低域の過大再生(これはどちらかといえばSRスピーカーに求められる性質だと言えるでしょう)を避けています。つまり、単に迫力のある低域でリスナーを魅了しようとしているのではなく、サウンドエンジニアが大型のコントロールルームで最も複雑な録音素材を実際に扱う場合でも、非常に正確なモニタリングができるよう設計されているのです。
そのため、装備されているコントロールパネルを通して、どのような音響環境にも適応させることが可能です。
「精確さを通じてコントロールを、コントロールを通じて精確さを」ということです。



ADAM AUDIO アダムオーディオ S5X-V スタジオモニター アクティブモニタースピーカー レコーディング DAW DTM 音響機器 舞台照明


【主な特長】

●セットアップと組み合わせ
S5Xの2機種は、大型スタジオにおける様々な設置条件にも対応できるよう設計されています。
S5X-HとS5X-Vのキャラクターは非常によく似ており、両機種を組み合わせて5.1チャンネルや7.1チャンネルのマルチチャンネルシステムを構築することが可能です。

●S5X:ワンランク上のメインモニター
S5X-HとS5X-Vの2機種は、精確さとパワフルな再生力が求められる中型から大型のコントロールルームに向けてデザインされています。S5Xメインモニターの使命は、ADAM Audioが誇る最上級の音質を、さらなるダイナミクスとサウンドプレッシャーレベルが必要とされる環境で実現することです。

●Main Monitor S5X-V
圧倒的な解像度を誇るADAM 独自のX-ARTツイーターとX-ARTミッドレンジを搭載する縦型4ウェイ・スタジオモニターです。

S5X-Vには、3インチのボイスコイルと重量のあるマグネットが採用された12インチHexaConeウーファーが搭載されています。
強力な動力源と極めて優れた剛性を持つコーンの組み合わせで、25Hzまでの信号をタイトに再生することが可能です。7.5インチのミッドウーファーも、 HexaConeウーファーと同じ両面ケブラーコーティングのハニカム構造となっており、非常に精確で色付けのないレスポンスを提供します。

ツイーター、ミッドレンジ、ミッドウーファーはそれぞれ250W、ウーファーユニットは500WのPWMアンプで駆動されます。

S5X-Vは、最も要求の多いプロフェッショナル・レコーディング】ミキシング】サラウンドスタジオで使われるミッドフィールド】メインモニターとして設計されています。

●洗練されたコントロールパネル
S5X-VとS5X-Hは新しく洗練されたコントロールパネルを配備しており、細かな設定が可能です。スタンバイスイッチの他に、入力感度、低域、そして高域用にそれぞれ2種類の調整ツマミが付いています。

●X-ARTミッドレンジ
ADAM Audio最大の特徴はAccelerating Ribbon Technologyに基づいて開発された独自のツイーターにあります。
メインモニターシリーズでは、この技術がミッドレンジにも適用されています。

S5Xメインモニターでは、X-ARTツイーターに合わせてミッドレンジにもX-ART技術が使用されています。以前までのARTミッドレンジに比べ、新しいX-ARTミッドレンジはより高い効率とハイレベルなSPLを達成しています。



【仕様】

ミッドウーファー/サブウーファー

◎ミッドウーファー/サブウーファー : 1/2

◎口径 : 186mm/305mm (7.5 inches/12 inches)

◎ボイスコイル直径 :50mm/75mm (2 inches/3 inches)
◎素材 : ヘキサコーンTM

X-ARTミッドレンジ

◎X-ARTミッドレンジ : 1

◎振動板面積 : 168cm2

◎同等ダイアフラム直径 : 14.6cm

◎速度変換効率 : 3.5:1

X-ARTツイーター

◎X-ARTツイーター : 1

◎振動板面積 : 24.2cm2

◎圧縮伸長比 : 4:1

◎振動板重量 : 0.17g

内蔵アンプ

◎内蔵アンプ : 5

◎サブフーファー : 500W/700W peak

◎ウーファー : 250W/350W peak

◎ミッドレンジ : 250W/350W peak

◎ツイーター : 250W/350W peak

コントロールパネル

◎入力感度調整幅 : -20bis +8dB (4dB step)

◎入力感度微調整幅 : -1.5bis +2dB (0.5dB step)

◎EQ 80Hz :0/+6dB (1dB step)

◎ルームEQ < 150Hz : ±4dB(1dB step)

◎ルームEQ > 6kHz : ±4dB(1dB step)

◎ツイーターレベル調整幅 : ±2dB (0.5dB step)

一般的データ

◎周波数特性 : 25Hz 〜 50kHz

◎THD > 80Hz : ≦0.5%

◎短時間サイン波出力(1m/100Hz 〜 3kHz) : ≧118dB

◎最大ミュージック出力(ペア): ≧128dB

◎クロスオーバー周波数 : 85/800/3,100Hz

◎アナログ入力 : balanced XLR

◎デジタル入力(オプション): AES/EBU (XLR) + SPIDF

◎入力インピーダンス : 10kΩ

◎重量 : 44.6kg

◎キャビネットの防磁仕様 : オプション

◎寸法 : 830mm(高) x410mm(幅)x480mm(奥行)

◎保証期間 : 一年間









ADAM AUDIO(アダムオーディオ)スタジオモニター
メーカー希望小売価格 オープン価格
価格
500,000円 (税込540,000 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く